トップへ


■0268:WJ53号/漫画/連載

 53号ってのは数年に一回のシロモノじゃないだろうか。

ドラゴンクエスト8特集
 謎のおっさん集団を呼び出す技がとても気になる。おっさんって表記してるあたりがイイ。袋とじの中にゼシカが普段着で戦う、というのがありましたが、つまりは危ない水着に期待できそうです。まあ、プレステ持ってませんけどね。

ONE PIECE
 マーダーライセンスです。殺人許可を持ってる奴らです。フランキーもまたトムの弟子だった、という具合に広げに広げた人間関係が一気に纏まってきてます。ラストでルフィ組&ゾロ組が一気に到着でクライマックス感バッチリですな。

 空島編のようにここからまた転がるよりもこのまま片を付けて欲しいトコロ。ここでCP9との決着が着かずに軽く因縁めいた状況になったりしそうです。そういうキャラ多いので(青キジ等)CP9は一気にのして欲しい気もしますが、美味しい奴らだからどうなるコトやら。

NARUTO
 『木の葉の黄色い閃光』『木の葉の白い牙』など新しい肩書きが登場。カカシの父親であるはたけサクモに付けられた後者の肩書きは伝説の三忍の名すらかすむって。まあ、伝説の三忍は伝説の分際で同時期に出揃い過ぎですから。伝説軽すぎ。

BLEACH
 レズ供給です。気の強い女性が折れて見せる可愛らしさ、というのは漫画ならではですので、自称クールな女性は真似をしないでください。マネしたトコロで、他人にはジャガーのあのストーカー女にしか見えてないので。

REBORN!
 部下が見てないと途端にだらしなくなるディーノ登場。こういうひねった設定のキャラが多いですね、この漫画。その辺りに5部以降のスタンド的なものを感じます。ひねりすぎて再使用しずらいヤツもいますが。死んだフリが上手いヤツとか。

D.Gray-man
 ラストのミランダにはびびった。目の周りのクマを、上手く濃い目の睫毛チックに見えるような印象の絵にしています。ミランダの能力の万能性は『時間戻しを解除するとダメージも元に戻る』という形で何とか制限を付けてます。

 最後の「エクソシストとしてお役に立ちます」というのは、訓練に向かったのだろうか。「また会いましょう」ってあたりは即座に仲間になるように思えないですし。

DEATH NOTE
 火口がキラでした。伏線もなにもあったもんじゃないです。サスペンスであってミステリではないからその辺はどうでもいいんですが。アイドルとの結婚を目論んでるので未婚、というのが出たのが先週、その際四択になって全員が未婚だったという。ていうか怪しまれる要素が一番なかった地味キャラかも。

 ミサが火口本人にキラだと言わせてそれを録音してきましたが、その最後のコマで喜んでるのはパパ達。で、Lは逆に眉間に皺を寄せています。次回はLとライトによるダメだしネーム祭りです。

武装錬金
 斗貴子がリカちゃん人形の洋服に変更。下着は? 下着は付けてないの? ていうかリカちゃん人形って単語は出しても大丈夫な範疇なんでしょうか。

 パピヨンが人食いを断っています。本能を凌駕するほどの何かがパピヨン内にあるっぽいです。

 円山が男と判明。もう残された可能性は毒島です。火渡の風呂上り姿を見て妙なリアクションをした毒島こそ美少女であって欲しい。

アイシールド21
 五分五分。ヒル魔、あのオッサンのチームなら内心もう越えてる/楽勝と思ってたのかも。それとも、この数日で巨海に並ぶ力を獲得したと考えてるのだろうか。

 今回は凶悪な花火がオチでしたが、華やかに見せたりしなかったのがちと意外。

テニスの王子様
 Wildが3回でgeniusに戻りました。千歳は大阪に引っ越したんでしょうか。九州地区の代表が沖縄になって慌てて転校したなんてコトはないですよね? それじゃ噛ませ以前の負け犬です。むしろコイツがいなかったので九州地区は沖縄が制するコトになったコトなんでしょうな。見開きで登場した大阪の面々の一番左側、大阪を馬鹿にしてて、個人的に気分がいいです。

 大石の「ああ…っ」という顔がイマイチでした。手塚はタイミング良すぎです。待ってたとしか思えない。いやらしい。

未確認少年ゲドー
 S級のほうが知名度高いなあ。

ピューと吹く!ジャガー
 ラストが切ない。こういう微妙なみっともなさを抽出するのが上手いです。

(20041130)


■0267:WJ52号/漫画/連載

D.Gray-man
 巻頭カラーで、内容も一区切りでした。カラー扉の今回の主人公は僕的にムクロを思い出します。扉、メンバーがイマイチ少なくてにぎやかさに欠けます。これはこれでいいのか。

 本編はロードの顔見せ終了まで。アレンの葛藤は、既存の作品でも何度も使われてるテーマを含んでてスタンダードに成り得る作品なんですが、全体的に分かりにくい漫画ですわ。

NARUTO
 「カカシ外伝〜戦場のボーイズライフ」がスタート。この外伝の連載は3年ぐらい続くのかな。オビト、リンとのチームですか。オビトの目を移植して写輪眼を持つようになる、というのが順当なトコロです。順当なので、むしろオビトにカカシの脳を移植する方向でお願いしたい。

BLEACH
 弐撃決殺の雀蜂攻撃は食らうとお洋服にも模様が浮かんでいますな。全裸状態で女性のおいたわしい部分部分に一撃目を受ければ着エロチックなデザインになっていいのですが。そろそろ脱いでもらえませんか。ここまで来て来週ジジイ戦に移行したらかなりへこみます。

 砕蜂は自力で『シュンコウ』を習得したのか。それはそれで凄いと思いますよ。夜一はきっと100年どころか数十年程度で習得したんでしょうが。『シュンコウ』なんつー名前も夜一が付けたんだろうか。

テニスの王子様
 別キャラでコシマエという別人のダークホースが出たりしないんだろうか。目がちゃんと三つあるヤツで。

 リョーマと金太郎のすれ違いを描きつつその回のラストではさくっと邂逅。ワイルド3話使った金太郎、これでかませ犬になったら面白いのに。許斐先生は板垣先生じゃないのでそこが読めないです。描いてるうちに飽きて準々決勝あたりであっさり敗北させるかも。

アイシールド21
 当然の如くごっちゃんを思い出したんですが、サブタイトル的にどっちかと言うと五所瓦でしょうか。サンデーネタはミスフルのうる星やつらもありましたし。

 大田原はあんなオチで7連覇でストップしてしまったのか。馬鹿が進行してるんだろうか。子供の頃は出してもうっかりで済まされてたのかも知れぬ。

DEATH NOTE
 「こんな切れ端に触れさせても記憶は戻らない」ってコトはノート丸々なら記憶戻りそうな発言に聞こえます。きっと戻るんでしょう。戻ったら、記憶を失ってた時の補正はどうなるんだろう。ノート持ち状態のほうが上位の記憶になりそうです。月がノートを再び手にする時もあるとほぼ確定と言って良さげ。

 次回はいよいよ第三のキラが判明するようですよ。四択ですが誰なのか全く見当が付かないです。小畑先生も次回以降は家で第三のキラがノートにせこせこ書いてる時シルエットじゃない絵になるので面倒だと思ってるかも知れません。

武装錬金
 ノーパンですか。ノーパンなんですか。それとも包帯をオシメみたいに巻いてますか。どうなってるか確認したいので、見せてください。

 最近の巻末コメントに着物を買ったとかあったけど、今回の斗貴子のデザインの為だろうか。着物って女物だったんだろうか。

HUNTER×HUNTER
 ギュドンドンド族無茶過ぎです。一族の演奏能力と念は別物なんでしょうが、演奏をあの蛮人に念化させたってのが包帯の念能力だろうか。

 あちこちで旅団VS蟻が開始。カルトの盗聴の紙は旅団メンバーは気付いてるんだろうか。フィンクスも念のネタが作者的に固まってきてるみたいですよ。フェイタンはまだ怪しいですけど。

いちご100%
 「あたし 真中くんに話しておかなくちゃいけないことがあるの…!!」。彼氏がいるってオチ希望。劇中では今まで伏せていた/描写してなかったけど彼氏がいます。

ピューと吹く!ジャガー
 次回の炸裂に期待で、今回はイマイチだったかなー。イマイチだったのは、直前のページの美少女クラブ31が気になってたってのもある。


■0266:今週のバキ/漫画/連載

 先週の感想を書けませんでした。今回は勇次郎の消力崩しの回。髪の毛一本引っ張ってビクッと硬直した瞬間にパンチ、というものでした。ていうか消力ってホントにただ完全脱力してるだけなのかよ。幾らなんでもそれでダメージ消せるって気がしないよ。赤ん坊の例えは良かったけど、イマイチ作者のハッタリに乗り切れない。

 烈の驚き方とか寂の影響受けてます。寂に教育をすでにこっそり施されています。

 そして次は郭が勇次郎を挑発しています。順々に手の内を出し合ってます。ジジイ、一体何をやるつもりなのか。自殺でもするんじゃないだろうか。


■0265:WJ51号/漫画/連載

 読み切りがえらい多いのは休載が多いからか。そしてそんな休載が多い時に載ってるハンター。謎。

DEATH NOTE
 ミサがちゃんと芝居できてるのが凄い。そこでコケそうな緊張感があったので。汗まで自在に流せるのか。ホントに女優だ。

 レムがミサの保身で動いてるような感じ。死神としてこれはマズイ。何か上手い打開策を教えようとしつつも、伝える直前にチリになってしまう切ない展開なんだろうか。

BLEACH
 いやらしい。何ていやらしい格好。刑軍統括軍団長は常に女性であって欲しい。マスクで口元を隠したりしてる夜一がこの格好をしていた頃は、砕蜂よりもスト3度が高かったのか。

ONE PIECE
 ちゃんと扉連載が『女湯』で、ビビを描いてるのに驚いた。バーバパパみたいヤツのアップくると思ってたので。マナティーもどき、まつげがあるのはメスなのね。

 今回のジャンプでぶっちぎりの衝撃でしたよ。シーンの切り替えが多かったり、その際時間のシャッフルも分かりにくくしてたり、登場人物がやけに多かったりと、ここに至る衝撃の為に計算ずくでやってたんだろうか。読みにくいなあと思ってた要素が一気にサプライズ開花に繋がってます。いつぐらいからこの設定(船大工等の半数をCP9にする)を考えたのかが気になる。こういう時は読み返してあれこれ想像できる単行本集めてる人がうらやましい。

 偽カク&偽ルッチ、これ下手したらばれるだろ。近づいたらばれるだろ。特にカク。鼻無理矢理つけてるだろソレ。図工だよ。CP9、暗躍機関としてそれはどうよ。

REBORN!
 「どっちが死んでも困るにきまってんだろー!!」ってのは当然として、それを抜きに京子は別にヒロインじゃなくなってきてます。ハル恐るべし。瀧妹が成し得なかったコトをやってのけました。

アイシールド21
 小結家出。パワフル語に受けた。栗田が読み上げたらかなり長かったし。

 何か事件が起こった時、それに対する各々のリアクションで一本話が描けるのが凄いです。

D.Gray-man
 時間を巻き戻して、受けたダメージをなかったコトに。記憶は戻ってないみたいです。ダメージ回復しただけで、別にパワーアップはしてないと思うのだが、一気に優勢に。あんなに苦戦してたのに。リナリーが戦えるからアクマを撃破できている、という展開になってます。

銀魂
 「7点の娘がいるとするだろ? だがナース服を着ることによって10点になる」。これは…わかるな。こういう女性の点数付けなんていう失礼なマネを少年誌でやるのがやっぱ銀魂の感動するトコロです。皮肉めいた言い回しが最高。

HUNTER×HUNTER
 『11本足の蜘蛛が懐郷病に罹り さらに5本の足を失うだろう』
 この予言がここに来てようやく実現しちゃいそうなシチュエーション!故郷である流星街、そしてキルアの血縁を除く旅団メンバーが5人!ですがそんなコトにはならんですな、この予言ってヒソカの改竄だし。

 久々の旅団登場です。ミイラがグローブつけてます。どんな念にするのか作者の考えが纏まったのでしょうか。フィンクスがまた変なの被ってます。初登場がそうだったので、申し訳程度に被ってみました、みたいな。すぐ脱いだし。

 『審美的転生注射(クイーンショット)』で人間の姿形を数瞬にして変形させてます。これも念の一つなんでしょうが、念もだいぶ何でもアリになってきてます。自称女王、注射を打ち込むコマ、尻丸出しっぽいです。こういうコマだけでもしっかり描いて欲しい。男かも知れないけど。尻尾に輪っかを通してる感じでパンツ履いてるんだろうか。特注パンツだ。

師匠と僕
 弟子の表情などやり過ぎで好感度は低いのですが、全体的な画風は好みです。

いちご100%
 向井さんの脇から乳がエロい。ラストのコマ、真中目開けてるじゃん。

未確認少年ゲドー
 フェニックスだから生きてはいるんでしょうが、最後のコマをリアルに想像するとグロい。次回であの巨大ビーカーの中身、シルエット描写でなくリアルに描いてくれるんだろうか。

ピューと吹く!ジャガー
 Kのくだりが上手い。読み返したら、ウソがない。

(20041117)


■0264:今週のバキ/漫画/連載

 勇次郎VS郭海皇、いよいよ肉弾戦が開始。戦わずして郭の語りのみで終わるんじゃないのかとも思ってたので(特に最近の板垣氏はバトルに入っても瞬殺や一方的なものが多く激戦を描いてない)、この展開は燃えます。

 まともにバトルが描かれるというコトになり、次に期待されるのは残酷描写です。老人をどう虐待するのかが今後の見どころです。勇次郎ですし。でもアライに次いで尊敬するオチなのかも知れません。勇次郎の無敵化を押さえるコトも作者考えはじめてそうですし。

 勇次郎、独歩戦で見せた「ただ思いっきりぶん殴る」という必殺技を60巻ぶりぐらいで披露。そしてそれを軽くいなす郭。烈がその応酬を見て「消力」と驚いてます。合気とはまた微妙に異なる消力。合気が力をそのまま跳ね返すのに対して、消力はどこかにその力を霧散させる感じでしょうか。これが中国4000年の秘術なのかな。郭、デコピン以外にようやくその特殊能力を見せてくれました。

(20041111)


■0263:WJ50号/漫画/連載

アイシールド21
 本物のアイシールド21に関する過去のエピソード。どうやら流れ的にクリスマスボウルを前に本物が登場しそうな勢いです。セナが5人の候補を頭に浮かべてますが、この時点でこいつら5人は候補から外れるのかな。右上に何でべジータがいるの?

 本物のアイシールドは誰か?という部分は、絞り込むのに伏線とかあるのかなあ? 既キャラの誰からしい流れなんですが、既キャラから選ぶと、武蔵、もしくは鎖に繋がれてるヤツ(猪狩)あたりが怪しいですけど。過去回想によると微妙に武蔵の喋りとは違うか。

NARUTO
 第一部完。後日談という感じで色々なキャラの近況が描かれてます。虫使いがスネてるのがイイ。そういやこいつのほうがデブや犬よりも強そうなのに何で外れてたんだろう。ネジあたりと口数少ないクール系なキャラが被ってるからだろうか。

 チョージ、また太ったのか。そんなに簡単に太れるの? 砂糖水14キロ飲んだりしたんだろうか。ネジが敬語を使ってるのが如何わしい。中忍試験の時にヤバイ口調をヒナタにぶつけてたのでヒナタ怖がりそうです。

 最後は暁のメンバーが勢揃い。カタカナで喋るヤツは台詞が読みにくいので早めの始末を希望。

 第二部がいきなりくるのではなく「カカシ外伝」が始まる模様。マスクの下の口が見れるのかな。

ONE PIECE
 「そりゃあ……… ニセ物だからよ………」。負け惜しみだったりしないのかその発言。冨樫漫画ならそんな可能性もあるけど「作戦にハマったのは…… お前らの方だ……」っアイスバーグの台詞もあるし普通に偽物なんでしょうな。

 過去の遺物を『異物』と表現してるのが挑発的です。ポーネグリフを読めるロビンがいるので兵器復活の脅威は消えない、とは言っても今手元にあるプルトン設計図だけでも燃やしておけばいいんでないの? ていうかすでに燃やしたんだろうか。

BLEACH
 『双魚の理』と『花天狂骨』。何となく京極堂を彷彿させるネーミングです。二刀一対の斬魄刀を二人持っているのを前にしてもハゲのほうが強そうです。あちこちに炎吹き散らしててヤバ強そうですから。ラストはその力が衝突して大爆発。今週のリボーンのラストと被ってます。

DEATH NOTE
 「思います見えます」がよかった。ギャグで使われそうな流れですけど、Lの冷徹にして不動の意思を感じさせるシーンですよ。ライトの目がキラキラしてるので、キラを思い出したのかも。いまどうしようもないコト書いた。

 「ライトの為になら喜んで死ねる」というコマが大写しになってるのが、ミサ死亡を感じさせて不安にさせます。

ストライカー義経
 凄く面白かったので連載して欲しい。何てコトをここで書いてもアンケート出さなきゃ意味がないです。なので、書きました。

家庭教師ヒットマンREBORN!
 「イーピンの耳がない事これだけかよ…」(紙村風)。耳がないから眼鏡がかけられないって、耳が無いって! 眼鏡がどうだの言ってる場合じゃない。十年後は耳生えてるのに眼鏡かけてないのかよ。

テニスの王子様
 「奴は曲がった5番アイアンで」ってトコロで曲がった部分を描いてないのがどうしようもない。最後のコマの吉祥寺が怒ってるトコロの血管マーク、あれは流石に写植じゃないのか。

こち亀
 「指名手配犯人がかなりチームに入ってるぞ」に笑った。

いちご100%
 さつきのサービスで今回は充分。が、最近何故か個人的に素朴な外村妹もイイ。真中のイイ足してんなーってのはどうかと思うが。足しか売りがないのか。ていうかやっぱ足キャラだったのか。

ハンターズ・ガイド番外編
 コルトはどう感情移入していいのか分からないキャラですわ。前身はキメラアントに食われて今は女王を守るコトで読者に感動を与えてるという。

 キルアの過去の弱点「見切りの早さ」ってのが味わい深いです。判断力がある、とも言えそうな性質をデメリットに捉えるのが熱い。イルミが額に針を刺し込みコントロールしていたというオチで、そのオチが判明した当時は、「本能レベルまで根付いてる性質を変えるキルアの成長劇」を放棄して、即物的な呪縛解放に持っていったのがちょっと嫌だなと思いました。今では、まあキルアも充分葛藤しててその変化を劇的に表現するには針解除という目に見えたスイッチがあったあのシーンはあれで良かったのかも、とも思い始めてます。

未確認少年ゲドー
 フェニックス、そして未確認生物密売組織と一気に収斂に向かっています。全裸ロリ絵が最終逆転を狙ってるのかも知れませんが、もう今頃は最終話描き終えてると考えるほうが自然かも。

武装錬金
 斗貴子が小さくなってお洋服だけが残されています。お洋服の中にミニサイズで全裸の斗貴子さんが隠れてるのでしょうか。「次号、作者取材の為、休載します」。女性の裸体を描く練習に入ったのでしょうか。

ピューと吹く!ジャガー
 最後のハシラの『これぞカオス理論…』ってのがウケた。バタフライ効果じゃあの短いハシラには入れれないか。

(20041108)


■0262:WJ49号/漫画/連載

BLEACH
 「万象一切灰燼と為せ 『流刃若火』」。先週の小娘キャラに続いて、今回はジジイが脱ぎました。ジジイが脱いでも嬉しくないよ。見えてない所は傷だらけでした。刀は順当に杖の中に仕込んでいました。髭から出して欲しかった。世界の正義とは何かを教えてくれないジジイは意地悪ですよ。

 そういや扉の人選は何なんだろう。本編で睫毛と戦ってる傷の人が選ばれたのは何で?

ONE PIECE
 「とある船の“設計図”のありかがわからなくなってしまう」。CP9の目的が明かされました。何か船の設計に関する凄い秘儀があるみたいです。メリー号復活の可能性も見えてきました。

 ドアドアの実の能力を持つクマ、そのちゃっちい能力のクセにカクとルッチを倒してます。どうやったのかは不明。ドアを思いっきり開けて後頭部カチあてたのかと思ったのですが、内開きの扉かアレ。

 「名コックが食材の下準備を怠らないように」なんて台詞を放つクマ。こんな発言、荒木漫画に出てきそうな比喩ですよ。そんなクマを前にしてよりによって残ってるのがザンギエフみたいヤツです。クマに健闘できると思えないですよ。

 ルフィはどこかに挟まってます。主人公が遅刻するのはドラゴンボールからの伝統ですが、こんな遅刻はありえません。

NARUTO
 最後の「オッス!!」がないと修業オッケーなのかダメなのか分からなかった。「じゃあの……」の表情とかもナルトを見限ったかの様な顔してるし。

アイシールド21
 猪狩はこのまま出場しないオチになったりしたら面白そう。ハンターで街を去ったジャイロにもそれを期待してる。千石サムライズの29番は爪楊枝銜えてるんだろうか。木枯らし紋次郎でしょうか。

 扉での、パイレーツVSホワイトナイツの「VS」の後ろにあるのはなんだろう。鳥? 鳥正面図?

 筧がボケてます。アイシールドの偽物は許さない、でも主務のセナは良い人、というベタながらも燃えるシチュエーション。地場衛はヤなヤツだけどタキシード仮面は良い人です。

 本物のアイシールド21は日本にいて、秋大会に出場している。何だか一気に話題を持ってきますこの漫画。ネタを小出しにしないのは心地良いですが、大丈夫なのかと心配にもなってきますよ。秋大会ってだけで別に関東大会っつーワケじゃないのかな? クリスマスボウル伏線? 

銀魂
 シリアスはカッコイイけどこの漫画のノリじゃないなーと感じましたよ。1ページ1コマ、えらい白いし。
 そういや銀さんは少年漫画的なストレートなカッコ良さを見せ付けるよりもテンション低めで切れる面白言い回しをする珍しい主人公です。昔の自分ならこの魅力に気付かなかっただろうなー。テンション高めの直線的な熱血キャラが好きだった昔ならきっとイヤだった。承太郎とか連載時嫌だったし。特にメモってるのヤだったよ。

テニスの王子様
 副題話数が「Wild」になってます。遠山金太郎なる新キャラがリョーマに変わって主人公的に登場。見開き扉の背後に邪悪な爬虫類系の表情のリョーマがいるぐらいです。いつもの表情ですけど。

 このWildはいつまで続くんだろうか。今までの登場キャラの人気を考えれば危険な挑戦ですよ。たるるートで途中で主人公変わった時を思い出しましたよ。数話で戻るのかな? でもわざわざWildなんてのにしてるぐらいだし。リョーマと同じように単行本20冊分ぐらいこの主人公続いたら作者凄いです。地区予選を回想という形で最初から最後まで描かないかなー。予選決勝は法王との対決(決め技:HOTドライブ)。遠山の金さんだから法王なんかよりも越後屋がいいか。あ、越後屋は越前かも知れない。

ボボボーボ・ボーボボ
 「何のつもりだボーボボ?」
 「説明は後だ こいつらに千円ずつ小遣いやってくれ」
 「いいだろう くれてやる!!」


 ここに笑った。やるんだ!って笑った。

 あと、天の助が粉微塵に弾け飛んでるコマに、『★この作品はフィクションです。実際の人物・団体・事件などには、いっさい関係ありません』ってのが被ってるのにも笑った。

チームG59上!
 ロマンシングサガがPS2にリメイク移植ですか。キャラ絵が変わってるのがちょっとびっくり。デフォルメ3Dは個人的にイヤですねー。新イメージ絵だと、シフが前ほどかぼちゃワインしてない。

DEATH NOTE
 Lの1捨てて10救う的打算主義な計算に反発する夜神親子。ライトはまるで少年漫画の主人公みたいになってますよ。こいつに1巻のお前を見せたいですよ。

いちご100%
 コマの流れ的に、天地の霊魂が火の玉みたいに見える。最後から2ページ目、無茶な花火のやり方ですよ。

こち亀
 相部屋に笑った。中川が寝てるところで上半身はだけて「うおおおお」と叫んでるのが特に面白い。

武装錬金
 テントを張って、その脇の枯れ葉の下に穴掘って寝てたのか。どっから出てきたのか分からなかった。台詞の発信元でようやく分かったよ。

 バブルケイジでどこまで小さくなるのかが見どころ。一回は小さくなったので円山を倒せば元に戻るんでしょうが、戻らないのもいいなー。小さくなって色んな場所に潜む斗貴子。パピヨンの股間とかに。

ピューと吹く!ジャガー
 「ほんっと恋ってやつぁ 金がかかるぜ…!」。こういうタイプの人がテキストサイトやったら現実とのギャップが面白いんですが。

(20041103)

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO